湯河原おもてなし

伝統文化体験

参加受付中

ごあいさつ

2021年8月22日に行われた「文化庁 子供たちのための伝統文化の体験機会回復事業」にご参加ありがとうございました。

コロナ禍の中、非感染症対策を万全にして行い、沢山の方に体験をいただきました。
微力ながら夏休みにおける伝統文化の体験を提供出来た喜びでいっぱいです。

また、ご父兄の皆様におかれましても、寛大なるご判断に感謝いたします。
その後、このイベントにおいてコロナに感染したという報告が無かったことをご報告いたします。

さらにアンケートでは「夏休みにどこにも連れて行けなかったところ、お茶と盆栽の体験ができて嬉しかった」「初めて盆栽の体験をしました」「楽しかった。お茶をどこで習えばいいのか?」等、感想や質問をいただき関係者一同、関心の深さに大変勇気付けられました。

定員制で参加できなかった子供たちから「次はぜひ参加させてほしい」との声も寄せられております。

弊社では2021年12月末に同様のイベントを開催する予定です。日程が決まりましたらご報告とともに告知させて戴きます。どうかお楽しみに。

末筆にはなりましたが、コロナの脅威はまだ消えておりません。次の第5波、第6波もあるものと気を引き締め感染症にご注意いただきお過ごしください。

一般社団法人 ひと・まち・ライフ・デザイン協会
代表理事 相原幸典

湯河原伝統文化でおもてなしイベント開催

この度、一般社団法人ひと・まち・ライフ・デザイン協会は、文化庁の補助金で、伝統文化を楽しみながら、次世代につなげるイベントを開催します。観光が主な産業の湯河原町で、伝統文化である盆栽・茶道を通して、日本文化の「おもてなし」の心を育て、子供たちの感性を高め、海外にも通じる日本の伝統文化を伝え・つなげることによって、子供たちに、日本の国を誇りに思う気持ちを育成することを目的としております。

8月22日開催!こども伝統文化体験

湯河原で日本の伝統文化「盆栽(ぼんさい)」と「茶道(さどう)」にふれて、おもてなしの心を感じる特別な夏休みにしよう!小中学生限定の無料体験イベントを開催いたします!

伝統文化体験

子供たちのための
伝統文化の体験機会回復事業

「文化庁 子供たちのための伝統文化の体験機会回復事業」は、次代を担う子供たちに対して、伝統文化、生活文化及び国民娯楽の関係団体等が一体となって、民俗芸能、工芸技術、邦楽、日本舞踊、茶道、華道、食文化、囲碁、将棋などの伝統文化等を体験・修得できる機会を設けることにより,新型コロナウイルスの感染拡大によって、伝統文化等の体験機会が失われた子供たちの体験・修得の機会を早急に回復することを目的としています。